« 正義を行い、慈しみを愛しへりくだって神と共に歩むこと、これである。 | トップページ | わたしは信じた。それで、わたしは語った »

主は再び我らを憐れみ我らの咎を抑えすべての罪を海の深みに投げ込まれる。

ミカの預言

主よ、7・14あなたの杖をもって
御自分の民を牧してください
あなたの嗣業である羊の群れを。
彼らが豊かな牧場の森にただひとり守られて住み
遠い昔のように、バシャンとギレアドで草をはむことができるように。
15お前がエジプトの地を出たときのように
彼らに驚くべき業をわたしは示す。
18あなたのような神がほかにあろうか
咎を除き、罪を赦される神が。
神は御自分の嗣業の民の残りの者に
いつまでも怒りを保たれることはない
神は慈しみを喜ばれるゆえに。
19主は再び我らを憐れみ
我らの咎を抑え
すべての罪を海の深みに投げ込まれる。
20どうか、ヤコブにまことを
アブラハムに慈しみを示してください
その昔、我らの父祖にお誓いになったように。

答唱詩編

詩編85・2+3、5a+7b+8a

神よ、わたしに目を注ぎ、強めてください、手をさしのべて。

詩編85

85・2神よ、あなたの国を豊かに恵み、
ヤコブの栄えを新たにしてください。
3あなたは民のとがをゆるし、
すべての罪を覆われた。

5a神よ、あなたはわたしたちを救うかた。
7bわたしたちのいのちを新たにし、
あなたのうちにあって民が喜ぶために、
8aあなたのいつくしみを示してください。

福音朗読

マタイ12・46-50

だれでも、わたしの天の父の御心を行う人が、わたしの兄弟、姉妹、また母である。

マタイによる福音

12・46イエスがなお群衆に話しておられるとき、その母と兄弟たちが、話したいことがあって外に立っていた。47そこで、ある人がイエスに、「御覧なさい。母上と御兄弟たちが、お話ししたいと外に立っておられます」と言った。48しかし、イエスはその人にお答えになった。「わたしの母とはだれか。わたしの兄弟とはだれか。」49そして、弟子たちの方を指して言われた。「見なさい。ここにわたしの母、わたしの兄弟がいる。50だれでも、わたしの天の父の御心を行う人が、わたしの兄弟、姉妹、また母である。」

« 正義を行い、慈しみを愛しへりくだって神と共に歩むこと、これである。 | トップページ | わたしは信じた。それで、わたしは語った »

おすすめサイト」カテゴリの記事

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

インド訪問の写真

  • 十字架
    2007年8月にESNACの里子たちに会いにインドの各地を訪問しました。スラムの子、捨て子、災害で親を亡くした子、ポリオで足が不自由で全く足で歩けない子・・・みんな笑顔で歓迎のパーティーは素晴らしいダンス・・・・そんなスナップです・・・ ・

毎日のみことば