« 9月29日(月) | トップページ | 10月1日(水) »

9月30日(火)

ヨブ記(ヨブ3・1-3、11-17、20-23)
  なぜ、労苦する者に光りを賜るのか
ヨブは口を開き、自分の生まれた日を呪って、言った。

 わたしの生まれた日は消え失せよ。
 男の子をみごもったことを告げた夜も。

 なぜ、わたしは母の胎にいるうちに
   死んでしまわなかったのか。
 せめて、生まれてすぐに息絶えなかったのか。
 なぜ、膝があってわたしを抱き
 乳房があって乳を飲ませたのか。
 それさえなければ、今は黙して伏し
 憩いを得て眠りについていたであろうに。
 今は廃墟となった町々を築いた
    地の王や参議らと共に。
 なぜわたしは、葬り去られた流産の子
 光を見ない子とならなかったのか。
 そこでは神に逆らう者も暴れ回ることをやめ
 疲れた者も憩いを得〔る。〕

 なぜ、労苦する者に光を賜り
 悩み嘆く者を生かしておかれるのか。
 彼らは死を待っているが、死は来ない。
 地に埋もれた宝にもまさって
   死を探し求めているのに。
 墓を見いだすことさえできれば
 喜び躍り、歓喜するだろうに。
 行くべき道が隠されている者の前を
   神はなお柵でふさがれる。

ルカによる福音(ルカ9・51-56)
  イエスは、エルサレムに向かう決意を固められた
  イエスは、天にあげられる時期が近づくと、エルサレムに向かう決意を固められた。そして、先に使いの者を出された。彼らは行って、イエスのために準備しよ うと、サマリア人の村に入った。しかし、村人はイエスを歓迎しなかった。イエスがエルサレムを目指して進んでおられたからである。弟子のヤコブとヨハネは それを見て、
「主よ、お望みなら、天から火を降らせて、彼らを焼き滅ぼしましょうか」と言った。イエスは振り向いて二人を戒められた。そして、一行は別の村に行った。

« 9月29日(月) | トップページ | 10月1日(水) »

日記・ノンジャンル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1020370/24192686

この記事へのトラックバック一覧です: 9月30日(火):

« 9月29日(月) | トップページ | 10月1日(水) »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

インド訪問の写真

  • 十字架
    2007年8月にESNACの里子たちに会いにインドの各地を訪問しました。スラムの子、捨て子、災害で親を亡くした子、ポリオで足が不自由で全く足で歩けない子・・・みんな笑顔で歓迎のパーティーは素晴らしいダンス・・・・そんなスナップです・・・ ・