« 9月12日(金) | トップページ | 9月14日(日) »

9月13日(土)

使徒パウロのコリントの教会への手紙(一コリント10・14-22)
  わたしたちは大勢でも一つの体である。皆が一つのパンを分けて食べるからである
わ たしの愛する人たち、偶像礼拝を避けなさい。わたしはあなたがたを分別ある者と考えて話します。わたしの言うことを自分で判断しなさい。わたしたちが神を 賛美する賛美の杯は、キリストの血にあずかることではないか。パンは一つだから、わたしたちは大勢でも一つの体です。皆が一つのパンを分けて食べるからで す。肉によるイスラエルの人々のことを考えてみなさい。供え物食べる人は、それが供えてあった祭壇とかかわる者になるのではありませんか。わたしは何を言 おうとしているのか。偶像に供えられた肉が何か意味を持つということでしょうか。それとも、偶像が何か意味を持つということでしょうか。いや、わたしが言 おうとしているのは、偶像に献げる供え物は、神ではなく悪霊に献げている、という点なのです。わたしは、あなたがたも悪霊の仲間になってほしくありませ ん。主の杯と悪霊の杯の両方を飲むことはできないし、主の食卓と悪霊の食卓の両方に着くことはできません。それとも、主にねたみを起こさせるつもりなので すか。わたしたちは、主より強い者でしょうか。

ルカによる福音(ルカ6・43-49)
  わたしを『主よ、主よ』と呼びながら、なぜわたしの言うことを行わないのか
〔そのとき、イエスは弟子たちに言われた。〕
「悪 い実を結ぶ良い木はなく、また、良い実を結ぶ悪い木はない。木は、それぞれ、その結ぶ実によって分かる。茨からいちじくは採れないし、野ばらからぶどうは 集められない。善い人は良いものを入れた心の倉から良いものを出し、悪い人は悪いものを入れた倉から悪いものを出す。人の口は、こころからあふれ出ること を語るのである。
 わたしを『主よ、主よ』と呼びながら、なぜわたしの言うことを行わないのか。わたしのもとに来て、わたしの言葉を聞き、それを 行う人が皆、どんな人に似ているかを示そう。それは、地面を深く掘り下げ、岩の上に土台を置いて家を建てた人に似ている。洪水になって川の水がその家に押 し寄せたが、しっかり建ててあったので、揺り動かすことができなかった。しかし、聞いても行わない者は、土台なしで地面に家を建てた人に似ている。川の水 が押し寄せると、家はたちまち倒れ、その壊れ方がひどかった。」

« 9月12日(金) | トップページ | 9月14日(日) »

日記・ノンジャンル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1020370/23681265

この記事へのトラックバック一覧です: 9月13日(土):

« 9月12日(金) | トップページ | 9月14日(日) »

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

インド訪問の写真

  • 十字架
    2007年8月にESNACの里子たちに会いにインドの各地を訪問しました。スラムの子、捨て子、災害で親を亡くした子、ポリオで足が不自由で全く足で歩けない子・・・みんな笑顔で歓迎のパーティーは素晴らしいダンス・・・・そんなスナップです・・・ ・