« 7月17日(木) | トップページ | 7月19日(土) »

7月18日(金)

イザヤの預言(イザヤ38・1-6、21-22、7-8)
  わたしはあなたの祈りを聞き、涙を見た
 そのころ、ヒゼキヤは死の病にかかった。預言者、アモツの子イザヤが訪ねて来て、
「主はこう言われる。『あなたは死ぬことになっていて、命はないのだから、家族に遺言しなさい』と言った。ヒゼキヤは顔を壁に向けて、主にこう祈った。
「ああ、主よ、わたしがまことを尽くし、ひたむきな心をもって御前を歩み、御目にかなう善いことを行ってきたことを思い起こしてください。」こう言って、ヒゼキヤは涙を流して大いに泣いた。
 主の言葉がイザヤに臨んだ。
「ヒゼキヤのもとに行って言いなさい。あなたの父祖ダビデの神、主はこう言われる。わたしはあなたの祈りを聞き、涙を見た。見よ、わたしはあなたの寿命を十五年延ばし、アッシリアの王の手からあなたとこの都を救い出す。わたしはこの都を守り抜く。」
 イザヤが、
「干しいちじくを持って来るように」と言うので、人々がそれを患部につけると王は回復した。ヒゼキヤは言った。
「わたしが主の神殿に上れることを示すしるしは何でしょうか。」
 ここに主によって与えられるしるしがあります。それによって、主は約束なさったことを実現されることが分かります。
「見よ、わたしは日時計の影、太陽によってアハズの日時計に落ちた影を、十度後戻りさせる。」太陽は陰の落ちた日時計の中で十度戻った。

マタイによる福音(マタイ12・1-8)
  人の子は安息日の主なのである
 そのころ、ある安息日のイエスは麦畑を通られた。弟子たちは空腹になったので、麦の穂を摘んで食べ始めた。ファリサイ派の人々がこれを見て、イエスに、
「御覧なさい。あなたの弟子たちは、安息日にしてはならないことをしている。」と言った。そこで、イエスは言われた。
「ダ ビデが自分も供の者たちも空腹だったとき何をしたか、読んだことがないのか。神の家に入り、ただ祭司のほかには、自分も供の者たちも食べてはならない供え のパンを食べたではないか。安息日に神殿にいる祭司は、安息日の掟を破っても罪にはならない、と律法にあるのを読んだことがないのか。言っておくが、神殿 よりも偉大なものがここにある。もし、
「わたしが求めるのは憐れみであって、いけにえではない」という言葉の意味を知っていれば、あなたたちは罪もない人たちをとがめなかったであろう。人の子は安息日の主なのである。」

« 7月17日(木) | トップページ | 7月19日(土) »

日記・ノンジャンル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1020370/22365201

この記事へのトラックバック一覧です: 7月18日(金):

« 7月17日(木) | トップページ | 7月19日(土) »

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

インド訪問の写真

  • 十字架
    2007年8月にESNACの里子たちに会いにインドの各地を訪問しました。スラムの子、捨て子、災害で親を亡くした子、ポリオで足が不自由で全く足で歩けない子・・・みんな笑顔で歓迎のパーティーは素晴らしいダンス・・・・そんなスナップです・・・ ・