« 7月7日(月) | トップページ | 7月9日(水) »

7月8日(火)

ホセアの預言(ホセア8・4-7、11-13)

  彼らは嵐の中で蒔き、嵐の中で刈り取る

〔主は言われる。

イスラエルは〕王を立てた。

しかし、それはわたしから出たことではない。

彼らは高官たちを立てた。

しかし、わたしは関知しない。

彼らは金銀で偶像を造ったが

それらは打ち壊される。

サマリアよ、お前の子牛を捨てよ。

わたしの怒りは彼らに向かって燃える。

いつまで清くなりえないのか。

それはイスラエルのしたことだ。

職人が造ったもので、神ではない。

サマリアの子牛は必ず粉々に砕かれる。

彼らは風の中で蒔き

嵐の中で刈り取る。

芽が伸びても、穂が出ず

麦粉を作ることができない。

作ったとしても、他国の人々が食い尽くす。

エフライムは罪を償う祭壇を増やした。

しかし、それは罪を犯す祭壇となった。

わたしは多くの戒めを書き与えた。

しかし、彼らはそれを無縁のものと見なした。

わたしへの贈り物としていけにえをささげるが

その肉を食べるのは彼らだ。

主は彼らを喜ばない。

今や、主は彼らの不義に心を留め

その罪を裁かれる。

彼らはエジプトに帰らねばならない。

マタイによる福音(マタイ9・32-38)

  収穫は多いが、働き手が少ない

〔そのとき、〕悪霊に取りつかれて口の利けない人が、イエスのところに連れられて来た。悪霊が追い出されると、口の利けない人がものを言い始めたので、群衆は驚嘆し、

「こんなことは、今までイスラエルで起こったためしがない」と言った。しかし、ファリサイ派の人々は、

「あの男は悪霊の頭で悪霊を追い出している」と言った。

 イエスは町や村を残らず回って、会堂で教え、御国の福音を宣べ伝え、ありとあらゆる病気や患いをいやされた。また、群衆が飼い主のいない羊のように弱り果て、打ちひしがれているのを見て、深く憐れまれた。そこで、弟子たちに言われた。

「収穫は多いが、働き手が少ない。だから、収穫のために働き手を送ってくださるように、収穫の主に願いなさい。」

« 7月7日(月) | トップページ | 7月9日(水) »

日記・ノンジャンル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1020370/22137534

この記事へのトラックバック一覧です: 7月8日(火):

« 7月7日(月) | トップページ | 7月9日(水) »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

インド訪問の写真

  • 十字架
    2007年8月にESNACの里子たちに会いにインドの各地を訪問しました。スラムの子、捨て子、災害で親を亡くした子、ポリオで足が不自由で全く足で歩けない子・・・みんな笑顔で歓迎のパーティーは素晴らしいダンス・・・・そんなスナップです・・・ ・