« 6月9日(月) | トップページ | 6月11日(水) »

6月10日(火)

列王記(列王記上17・7-16)

  主がエリヤによって告げられた御言葉のとおり、壺の粉は尽きることがなかった

〔その日、エリヤがとどまっていたところの近くにある〕川が涸れてしまった。雨がこの地方に降らなかったからである。  また主の言葉がエリヤに臨んだ。

「立ってシドンのサレプタに行き、そこに住め。わたしは一人のやもめに命じて、そこであなたを養わせる。」彼は立ってサレプタに行った。町の入り口まで来ると、一人のやもめが薪を拾っていた。エリヤはやもめに声をかけ、

「器に少々水を持ってきて、わたしに飲ませてください」と言った。彼女が取りに行こうとすると、エリヤは声をかけ、

「パンも一切れ、手に持ってきてください」と言った。彼女は答えた。

「あなたの神、主は生きておられます。わたしには焼いたパンなどありません。ただ壺の中に一握りの小麦粉と、瓶の中にわずかな油があるだけです。わたしは二本の薪を拾って帰り、わたしとわたしの息子の食べ物を作るところです。わたしたちは、それを食べてしまえば、あとは死ぬのを待つばかりです。」エリヤは言った。

「恐れてはならない。帰ってあなたの言ったとおりにしなさい。だが、まずそれでわたしのために小さいパン菓子を作って、わたしに持って来なさい。その後あなたとあなたの息子のために作りなさい。なぜならイスラエルの神、主はこう言われる。  主が地の面に雨を降らせる日まで  壺の粉は尽きることなく  瓶の油はなくならない。」  やもめは行って、エリヤの言葉どおりにした。こうして彼女もエリヤも、彼女の家の者も、幾日も食べ物に事欠かなかった。主がエリヤによって告げられた御言葉のとおり、壺の粉は尽きることなく、瓶の油もなくならなかった。

マタイによる福音(マタイ5・13-16)

  あなたがたは世の光である

〔そのとき、イエスは弟子たちに言われた。〕

「あなたがたは地の塩である。だが、塩に塩気がなくなれば、その塩は何によって塩味が付けられよう。もはや、何の役にも立たず、外に投げ捨てられ、人々に踏みつけられるだけである。あなたがたは世の光である。山の上にある町は、隠れることができない。また、ともし火をともして升の下に置く者はいない。燭台の上に置く。そうすれば、家の中のものすべてを照らすのである。そのように、あなたがたの光を人々の前に輝かしなさい。人々が、あなたがたの立派な行いを見て、あなたがたの天の父をあがめるようになるためである。」

« 6月9日(月) | トップページ | 6月11日(水) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1020370/21537347

この記事へのトラックバック一覧です: 6月10日(火):

« 6月9日(月) | トップページ | 6月11日(水) »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

インド訪問の写真

  • 十字架
    2007年8月にESNACの里子たちに会いにインドの各地を訪問しました。スラムの子、捨て子、災害で親を亡くした子、ポリオで足が不自由で全く足で歩けない子・・・みんな笑顔で歓迎のパーティーは素晴らしいダンス・・・・そんなスナップです・・・ ・