« 6月30日(月) | トップページ | 7月2日(水) »

7月1日(火)

アモスの預言(アモス3・1-8、4・11-12)

  主なる神が語られる、誰が預言せずにいられようか

イスラエルの人々よ

主がお前たちに告げられた言葉を聞け。

―わたしがエジプトの地から導き上った

     全部族に対して―

地上の全部族の中からわたしが選んだのは

お前たちだけだ。

それゆえ、わたしはお前たちを

すべての罪のゆえに罰する。

打ち合わせもしないのに

二人の者が共に行くだろうか。

獲物もないのに

獅子が森の中でほえるだろうか。

獲物を捕らえもせずに

若獅子が穴の中から声をとどろかすだろうか。

餌が仕掛けられたもいないのに

鳥が地上に降りてくるだろうか。

獲物もかからないのに

罠が地面から跳ね上がるだろうか。

町で角笛が吹き鳴らされたなら

人々はおののかないだろうか。

町に災いが起こったなら

それは主がなされたことではないか。

まことに、主なる神はその定めれらたことを

僕なる預言者に示さずには

何事もなされない。

獅子がほえる

誰が恐れずにいられよう。

主なる神が語られる

誰が預言せずにいられようか。

かつて、神がソドムとゴモラを覆したように

わたしはお前たちを覆した。

お前たちは炎の中から取り出された

   燃えさしのようになった。

しかし、お前たちはわたしに帰らなかったと

主は言われる。

それゆえ、イスラエルよ

わたしはお前にこのようにする。

わたしがこのことを行うゆえに

イスラエルよ

お前は自分の神と出会う備えをせよ。

マタイによる福音(マタイ8・23-27)

  イエスが起き上がって風と湖とをお叱りになると、すっかり凪になった

〔そのとき、〕イエスが舟に乗り込まれると、弟子たちも従った。〔すると、〕湖に激しい嵐が起こり、舟は波にのまれそうになった。イエスは眠っておられた。弟子たちは近寄って起こし、

「主よ、助けてください。おぼれそうです」と言った。イエスは言われた。

「なぜ怖がるのか。信仰の薄い者たちよ。」そして、起き上がって風と湖をお叱りになると、すっかり凪になった。人々は驚いて、

「いったい、この方はどういう方なのだろう。風や湖さえも従うではないか」と言った。

« 6月30日(月) | トップページ | 7月2日(水) »

日記・ノンジャンル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1020370/21993704

この記事へのトラックバック一覧です: 7月1日(火):

« 6月30日(月) | トップページ | 7月2日(水) »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

インド訪問の写真

  • 十字架
    2007年8月にESNACの里子たちに会いにインドの各地を訪問しました。スラムの子、捨て子、災害で親を亡くした子、ポリオで足が不自由で全く足で歩けない子・・・みんな笑顔で歓迎のパーティーは素晴らしいダンス・・・・そんなスナップです・・・ ・