トップページ | 6月9日(月) »

はじめに

 聖書(HOLY BIBLE)は神から選ばれた人たちによって記録されてきました。ですから、聖書を読むことで人は神からのメッセージを知ることができるのです。このブログの聖書本文日本聖書協会発行『聖書 新共同訳』(2000)を使用しています。またテキストはカトリック中央協議会の発行する《毎日のミサ》です。聖書を毎日読むのは・・・大変です。難しいし、なにより長い。旧約の創世記から始まって新約のヨハネの黙示録まで読むのは旧約では1日3章、新約は2章ずつ読んで1年間もかかります。《毎日のミサ》で《今日のみことば(聖書)》を読む・・・ことにしましょう。

 ☆ ミサ・・・キリストのミサ・・・そう《クリスマス》のこと。イエスがわたしたちの罪(死)のための救い主(キリスト=メシア)として誕生したのを喜ぶ日。《毎日のミサ》?全世界のカトリック(キリスト)教徒は毎日《クリスマス》を祝ってるの?・・・・・
 ・・・レオナルド・ダヴィンチの「最後の晩餐」・・・。イエスが十字架に掛かる前の夜、弟子たちと過ごした最後の食卓・・・そこで・・・食事の時、《パン》を弟子たちひとりひとりに裂き与えて、「これはわたしの体である。」・・・食事の後、《葡萄酒》を杯に満たして「これはわたしの血である。」・・・それから神の呪いの十字架・・・イエスの十字架の死はわたしたちの罪(永遠の死)のための身代わり・・・・・・・・・主の死を思い起こし、告げ知らせるための・・・・・・ミサ
                                                                 
Fujisan 

 ・・・神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。

独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。・・・新訳聖書 ヨハネによる福音書 3章16節 

トップページ | 6月9日(月) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1020370/21516179

この記事へのトラックバック一覧です: はじめに:

トップページ | 6月9日(月) »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

インド訪問の写真

  • 十字架
    2007年8月にESNACの里子たちに会いにインドの各地を訪問しました。スラムの子、捨て子、災害で親を亡くした子、ポリオで足が不自由で全く足で歩けない子・・・みんな笑顔で歓迎のパーティーは素晴らしいダンス・・・・そんなスナップです・・・ ・